アフリカ・サヘル地域で新たなアプローチを

昨年アフリカのサヘル地域は、過去最悪となる干ばつに見舞われました。今年に入ってマリ北部や中央アフリカ共和国の治安情勢が悪化し、ダルフールからの難民流入も加わるなど、今も極端に脆弱な状況が続いています。一方支援に必要な資金は、半分しか集まっていません。「今ある人道ニーズを満たし今後の被害を減らすためにも、結果がすぐに目に見える分野のみならずバランスの取れた支援が必要。」サヘル地域担当・国連人道調整官ロバート・パイパー氏が国連総会で訴えています。(日本語字幕付)

関連リンク

アフリカ・サヘル地域支援のため、日本政府が400万米ドルをOCHAに拠出
あなたなしでは-サヘル支援を訴えるビデオ(CC字幕付)」