大阪大学GLOCOL「防災・災害復興と国際協力」セミナーに参加

2012年12月14日、大阪大学のグローバルコラボレーションセンター主催の「防災・災害復興と国際協力」セミナーに所長の渡部が参加し、「国際人道システムと国連の役割」と題した基調講演を行いました。

また、国際復興支援プラットフォームの川脇康生氏をモデレーターに、世界銀行の石渡幹夫氏、兵庫県防災監の杉本明文氏らと共にパネルディスカッションも行いました。

詳しくはこちらをご覧下さい。