OCHAの情報プロダクツ

人道危機において、情報管理は重要な役割を果たします。とりわけ支援を必要としている人々に関する情報や必要とする支援の内容、誰がその支援をするのに最適か等の確実な情報は、効果的でタイムリーな支援をするためには不可欠です。そのためOCHAは関係機関や当該国政府、メディアなどとの情報ネットワークを活用し、様々な情報サービスを提供しています。

具体的には"Who What Where (3W)"(誰がどこで何をしているかのデータベース)や関係機関の連絡先リスト、ニーズ調査や地図情報が主な情報プロダクツです。またOCHAはシチュエーションレポートと呼ばれる報告書を作成し、最新の人道状況を世界に配信しています。このレポートは英語(仏語圏の場合はフランス語)で必要に応じて発出されます。